診療方針

診療方針

医療法人隆聖会吉見歯科グループの5つの約束

① 医療法人グループとして連携した診療

診断する歯科医師画像

当グループは、現在埼玉県に3院歯科医院を開設しており、歯科医師は各分野のプロフェッショナルたちがいます。

歯は、長い人生を快適に過ごしていく上で、とても重要な器官であると同時に、とても繊細な器官です。また、たとえば虫歯の原因といっても、「食生活」「ライフスタイル」「噛み合わせ」「唾液」「歯並び」などさまざま。色々な複雑な状況が重なりあい、小さな宇宙のようなものです。

そんな繊細で複雑なお口の中を触るのですから、当然その分野のプロフェッショナルが治療を行うべきだと考えています。当グループは、理事長をはじめとした医師が、徹底した診断とコンサルティングを行い、それぞれの方に応じたプログラムを実施しています。ハイレベルで本物の医療を提供するために、その道のプロがあなたのお口をケアします。

各専門医と、3院の歯科医師、スタッフが日々勉強や症例のディスカッションに取組み、様々な観点から多角的な治療を地元の歯科医院で治療できるように努めております。

② 歯科技工士がいる歯科医院

グループに所属する歯科技工士写真

歯科技工物は、欠損部分の歯の詰め物、被せ物、また、入れ歯などの人工歯や矯正に使う部品などのことを言います。
意外と患者様が知らないのが、この歯科技工物を作るのは、各歯科医院は、専門の歯科技工所に依頼して制作しているということです。

近年、欠損部分の審美性や機能性、耐久性を求め、また金属アレルギーの観点から、保険外の技工物が浸透してきました。
これらはほとんどが歯科医療において、自費診療となる分野です。

例えば、歯の被せ物が他の歯の色と合わなかったら、しっかり修復箇所に収まらなかったら・・・

歯科技工所に依頼して、再度作成をしなおしたりするタイムラグが生じます。

当グループではグループ内に、経験とスキルのある歯科技工士が3名おり、この専門スタッフが歯科医師から直接具体的な指示を受け製作にあたります。
ワンストップオーダーで、正確なそして精密な技工物を作成することで患者様一人一人の、口腔内に適正な技工物をご提供できるのです。

③ 充実した治療設備 ~精度の高い治療を行うために~

マイクロスコープ・CTを完備

当グループでは、安全で安心できる治療をするために院内にCTやマイクロスコープなどの最新設備を完備しています。

歯科用CT写真

CTとは人体の断面写真を撮影し、コンピューターにより体の組織を詳細に解析できる医療用診断機器のことです。CTを使えば顎やお口の状態をシッカリと診断ができます。これにより、インプラント手術が安全にできるだけでなく、歯周病治療や根の治療などが高水準でできるようになります。

歯科用CTが活躍する歯科治療

  • インプラント
  • 矯正治療
  • 歯周病治療
  • 根の治療
  • 口腔外科

マイクロスコープ画像

マイクロスコープまた、マイクロスコープを使うと肉眼の2倍から数10倍に拡大して診ることができるため、より正確でより精密に、より安全に治療が行えます。これまで肉眼でも拡大鏡でもまったく見ることができなかった根管の内部から歯周組織、歯の切削面などさまざまなお口の中の状態が、まさに手にとるように確認ができます。

マイクロスコープが活躍する歯科治療

  • 虫歯治療
  • 審美歯科
  • 根の治療
  • 口腔外科
  • インプラント

高度な滅菌環境

滅菌作業写真

外観がキレイな歯科医院はたくさんありますが、それ以上に大切なのが院内の感染対策です。歯の治療は唾液や血液が飛びやすく、感染対策が不可欠です。
当グループではコップやエプロンまで、可能な限りディスポーサブル(使い捨て)を徹底しています。また、高圧蒸気滅菌器などの各種滅菌機器を取り揃え、患者さん一人ひとりに滅菌・消毒をおこなっています。小さなお子さんにも、安心して治療を受けさせられる環境です。

患者様のお話しをしっかりお聞きするためのカウンセリングルーム

カウンセリング室写真

当グループでは「お話を聴くことから治療がスタートする」という理念の元、カウンセリングルームを完備。ここで患者さんのお悩みをシッカリとヒアリングを行います。どうぞ、周りを気にすることなく、あなたのお悩みをお話ください。

④ 欠損の修理ではなく、治療を行う歯科医院

当グループの歯科診療は、虫歯を削って埋める、欠けた歯をもとに戻す、という考えはありません。

浦和診察風景

虫歯の治療は、詰めることだと思っていませんか?詰めたり被せたりしても、実は虫歯は治りません。虫歯の治療には、実績のある治療法があります。
80歳で28本の歯を残すための治療を行ないます。

現在、根拠に基づいた医療(EBM)が推奨されています。
しかし、歯科では経験則に基づいた処置が多く行なわれているのが現状です。
医師の経験則ではない科学的に裏付けされた医療情報を伝え、それを実践し、長く歯を守っていく、それが当グループの治療方針です。

口の中が健康な人は歯を抜かれることがありません。
つまり、入れ歯になることはないということです。
真の歯科医療を実践する歯科医療施設で病気の治療をすること。
そして治療が終わったら、管理された予防を行なっていくいくこと。
それが、生涯入れ歯にならない唯一の方法です。

七里診察風景

当グループでは、病気の治癒を目標とし、その上で機能回復としての修理を行うことを原則としています。

病気が重篤なら、当然治療の期間や費用がかかります。
病気が軽度なら短期間で治癒し、費用もそれほどかからないでしょう。
いずれの場合も、はじめに病気の治療ありきです。

主訴の処置後、口腔内全体の診査をし、病状を説明し、理解納得を得た上で治療を開始するのが当グループのシステムです。
診査結果は、わかりやすいイラストを駆使したカラーの書面にして差し上げています。

 

虫歯や歯周病は、多くの病気と同じように、単一の要因で発症する訳ではありません。
患者さん自身がそれらを理解し、歯科医師や歯科衛生士と協力して病気を治していきます。

当グループではあえて担当制を用いておりません。

例えば、一人の歯科医師の最初から最後まで診てもらえたら・・・
その歯科医師は、その患者様のことをより理解しコミュニケーションもとりやすくなり、メリットは大いにあると考えます。

ですが、当グループでは、もっと患者様にとってよい診療を考えた際、担当制よりもよりメリットがあるのが
様々な経験のある歯科医師が、一人の患者様に対して診療にあたることで、多角的な診療判断をできると考えます。

時代の変化があるように、現代の歯科医療と一昔前の歯科医療は患者様のニーズによっても少し変わります。

40代の歯科医師は経験が長い分、新米歯科医師に比べ経験や適切な判断ができます。
しかし、20代の歯科医師は大学で、最先端の歯科医療を学んだばかりで、一世代前の歯科医療にはない、新しい発想を持っている場合があります。

当グループではお互いのメリットを最大限に引き出すことが最大の診療結果につながると考えます。

当グループでは、歯科医師、衛生士、が各々毎回診療前に患者様の施術内容や診断結果を分析し、最新知識を吸収・消化・実践を行いながら
複数の歯科医師、スタッフが一人の患者様専属のチームとなり、常に診療にあたります。

結果として、個別の医師の判断にとらわれない総合的な診療が可能になるのです。

また歯科の分野においては、診療はひとくくりではなく、矯正、歯周病、インプラント、歯科口腔外科と診療内容によって専門分野に精通している専門医師がおります。

各診療分野の専門スタッフが診療の判断をすることも、総合歯科診療につながるのです。

⑤ 予防歯科で歯を守り、生涯自分の歯で生活できるように。

春日部診察風景

定期的に通いたいと思っていただくためには、「美容院でシャンプーしてもらっているときのような気持ちよさを感じながら、
清潔感のあるキレイな歯を手に入れることができる歯のクリーニング」が必要だと当グループでは考えています。

80歳で28本の歯を残すためには一時的な治療でなく、定期的なメンテナンスが必要です。
予防歯科専用の歯科室を完備して、お口の健康を守ります。

吉見歯科・口腔外科 クリニック

吉見歯科・口腔外科クリニック

診療科目

  • 歯科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科
  • 審美歯科
  • インプラント
  • ホワイトニング
  • 入れ歯・義歯
  • 訪問診療

診療時間

9:30~12:30 午前9時~
14:30~18:30

休診日

※土曜日は午前9時から診療開始
(矯正特別診療日あり)─ = 休診日

アクセス

〒337-0017
埼玉県さいたま市見沼区風渡野582-3

「七里駅」徒歩1分 駅前すぐ!
 

ご予約・お問合せ

受付: 048-688-9900

 

吉見歯科・口腔外科クリニック

  • 七里診察写真2
  • 七里診察写真1
  • 七里スタッフ写真
  • 七里診察写真3

 

 

完全バリアフリー 完全バリヤフリーを実現していますのでベビーカーのまま診察室まで入室が可能です。足元がご不安な方の安全にも配慮しております。
駐車場完備 院前に駐車場3台完備。至近にも提携駐車場が8台あります。診察後に1時間無料券もお渡ししています。
プライバシー配慮 全室が個室でありプライバシーにも十分配慮させていただいております。
オペ室完備 院内にオペ室も完備しております。CTスキャンをはじめ、高度な治療を可能にする設備・体制が整っています。
徹底滅菌 可能な限りディスポーザル(一度きり)のコップなどを使用していますが、治療器具は患者様お一人につき一回必ず滅菌・消毒しております。
極力痛くない治療を きちんとした診断に基づき、適切な治療を行います。さまざまな機器や工夫をご用意させていただいております。「麻酔」に対してあらゆる方面から検証し、患者様に不快な「痛み」の軽減に努めています。
有資格者のみが医療行為を行う 歯科助手が患者さんの口に触れたり、診療行為をすることは禁止されています。吉見歯科クリニックでは有資格者以外の医療行為を禁止しています。安心しておいでください。
各分野のスペシャリストが多数在籍 TC(トリートメントコーディネーター)に始まり、歯周病の専門医、顎関節症(TMD)/口腔顔面痛の専門家まで、幅広いスタッフが皆様をお待ちしております。

元赤坂吉見歯科/顎関節症・口腔顔面痛センター

具体的にどの様な症状なら、
顎関節症・口腔顔面痛センターを受診すればいいのでしょうか

あなたのお悩みの病気は、顎関節症ですか 口腔顔面痛ですか。

■顎関節症 あごの具合の悪い方
■口腔顔面痛 歯や歯肉、口、顔が痛い方

口腔顔面痛 歯や歯肉、口、顔が痛い方

実際に診た患者さんが話してくれた症状です、参考にしてください。

実際の症状

    • ・歯や歯肉が痛い感じがして、鈍い痛みがずーっと続いていて、何処が痛いのか判らなくなってしまう。

 

    • ・歯や口の中の痛みが気になってお家の仕事が手につかない。

 

    • ・朝起きて暫くすると、いつもの痛みが出てくる、時々、忘れていることもあるが、ほぼ一日中続いている。

 

    • ・日中、静かにしていると、痛みが気になったり、夕方に痛みが強くなったりする。

 

現在の状況

    • ・歯が痛く、歯科や耳鼻科などを受診したが、原因がはっきりしないと言われた。でも、痛みが続いている。

 

    • ・今、痛い歯の治療を受けているが、痛みは変わらない。隣の歯も痛いような感じがする。

 

    • ・痛い歯の神経を抜いたり、抜歯をしてもらったりしたが、痛みが続いている。

口腔顔面痛にはその他に、様々な症状があり、また、いろいろな治療を受けている患者さんが口腔顔面痛センターにいらっしゃいます、悩んでいるより、一度、受診してみてください。

このような痛みに対する治療は、基本的に当センターでおこないますが、原因になる疾患によっては慶應義塾大学病院の専門外来(神経内科頭痛外来、ペインクリニック、脳神経外科など)へご紹介することもあります。

 

元赤坂吉見歯科/顎関節症・口腔顔面痛センタースタッフ


担当 和嶋 浩一

慶應義塾大学医学部非常勤講師
昭和大学歯学部兼担講師

所属学会
日本口腔顔面痛学会 (指導医、専門医)
日本顎関節学会(指導医、専門医)
日本頭痛学会(指導医、専門医)
米国口腔顔面痛学会( Diplomate American Board of Orofacial Pain-19990017 )
担当 和嶋 浩一

 

診療科目

  • 口腔顔面痛
  • 顎関節症
  • 矯正歯科

診療時間

9:30~12:30
14:30~18:30

アクセス

〒107-0051
港区元赤坂1-1-7オリエント赤坂モートサイドビル5F

東京メトロ銀座線 / 赤坂見附駅 徒歩3分
東京メトロ有楽町線 / 永田町駅 徒歩3分

ご予約・お問合せ

受付: 03-3478-5248

(不在時はいずれかの医院に転送されます)

 

 

口腔顔面痛に関してよくある質問

口腔顔面痛とはどんな痛みのことですか
歯痛、歯肉痛を含めて舌、口腔粘膜の痛みなど、口の中のいろいろな痛み、顎の痛み、顔の痛みなどを全部まとめて口腔顔面痛と呼びます。もう一つの意味は、そのような痛みの中でなかなか診断がつかず、治らない痛みを指すこともあります。

 

歯が痛くても、歯に原因がないことがあるのですか
歯に原因がないが、いかにも歯が痛いように感じられることがあります、そのような歯の痛みを非歯原性歯痛と呼びます。口腔顔面痛のなかで最も頻度の高い痛みです。非歯原性歯痛の原因は痛みを感じている歯には無く、別な部分にあります。痛いところに原因がないので、正しく診断されないことが多いです。そして、歯にいたみを感じるので、歯の治療を受けていることが多いのですが、残念ながら歯が原因ではないので、治療しても治りません。

 

非歯原性歯痛の診断は難しいのですか
歯が痛かったら、痛い歯に原因があると考えるのは歯科医師も同じです。何時もの歯痛とは何かが違う、歯には原因がないということは判りますが、非歯原性歯痛の考え方は従来の歯科教育にはなかったものなので、専門医でないと、何が原因であるかまで突き止めることはできません。現在、歯科医師国家試験に非歯原性歯痛に関する問題が毎年出題されていますので、将来的に全ての歯科医師が診断できるようになると思います。

 

非歯原性歯痛の原因にはどの様なものがありますか
最も多いのは筋肉の痛みです。肩こりが強いときに頭が痛くなったり、歯が痛くなったりすることが知られています。それと同じように、咬筋、側頭筋、胸鎖乳突筋の筋・筋膜疼痛という筋痛が強くなった状態が元となって、離れた所にある歯に関連痛として痛みが感じられることがあります。次に多いのは、何らかの原因で神経が障害されて鈍麻と共に過敏になって歯痛が感じられる状態になっていることです。その他に様々な原因があります。

 

これらの歯に原因がない歯痛はどのように治療するのでしょうか
歯に痛みを感じるが、歯には原因がないので、歯の治療をしても治りません。筋肉痛、神経障害などの原因を正しく診断して、それぞれに応じた治療をすれば改善します。

 

非歯原性歯痛の治療は歯科医師なら誰でもできますか
診断の項にも書きましたが、全ての歯科医師が非歯原性歯痛の原因まで診断できる訳ではありません。そのため、非歯原性歯痛の治療を全ての歯科医師が出来るわけではありません。

 

筋肉痛による歯痛はどの様に治療するのでしょうか
筋肉痛の直接的な原因は精神的ストレスなどによる筋肉の血管の収縮です。さらに、原因になる筋肉は肥大していることが多いので、慢性的なかみしめ、偏咀嚼などにより筋肉に過剰な負荷がかかっていると、血管の収縮により、痛みが発生しやすいようです。治療の第一は、痛みの原因をはっきりさせて、患者さんを安心させる事です。次に、元になっている筋肉に対して、温湿布、ストレッチ、適度な運動により筋緊張を緩め、その筋肉に過剰な負荷をかけないように指導します。

 

神経の障害はどうして起こるのですか、治療はどうするのですか
下の奥歯の抜歯や手術の時に下顎の骨の中の神経を傷害することがあります。また、帯状疱疹のウイルスが神経の元から炎症を起こしながら皮膚に出てくるので、その神経の行き先の歯や歯肉に後遺症として、感覚の鈍磨とともに過敏が生じて痛みになることがあります。神経障害による痛みの場合には過敏さを納める薬により、痛みが改善します。日本では2種類の薬が使えます。

 

薬はどれくらいの期間、服用するのでしょうか
神経障害性歯痛の治療に用いる薬は、炎症を止める消炎鎮痛薬とはまったく違う作用で痛みを止めます。脳の機能として元々からある、神経の興奮を抑える神経に作用して痛みが改善します。神経の興奮状態と抑える神経活動のバランスをとるように薬の量を調整します。神経の興奮が下がったり、抑制する神経の働きがよくなったら、薬の量を減らし、最終的には止めるようにします。平均して数ヶ月かかることが多く、止められない場合もあります。

 

非歯原性歯痛は再発しますか
単純に言うと再発します。特に筋・筋膜性歯痛は再発が多いです。何故かというと、筋緊張の元は日常生活における悪い習慣です。緊張したり、急いだりしている時は肩を持ち上げて、歯をくいしばっていることがあります。また、食事の際に左右どちらかだけで咬む癖をもっているため、咬んでいる側の筋肉が大きくなっていて、そちらに症状が出ることが多いです。歯科医師に適切な指導を受けて、実行することにより痛みが改善しますが、のど元過ぎれば熱さ忘れる、というように、元に戻っていつもの癖が出てしまい、筋に負荷をかけて、症状が出やすい状況を作り出してしまうようです。

吉見歯科春日部診療所

吉見歯科春日部診療所

診療科目

  • 歯科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科
  • 審美歯科
  • インプラント
  • ホワイトニング
  • 入れ歯・義歯
  • 訪問診療

診療時間

9:30~12:30
14:30~18:30

アクセス

〒344-0004
埼玉県春日部市牛島1587-3

東武野田線(東武アーバンパークライン)藤の牛島駅前徒歩1分(改札出てすぐ)

春日部駅から1駅3分
駐車場4台完備

 

ご予約・お問合せ

受付: 048-737-1501

 

吉見歯科春日部診療所 外観

春日部診察所 看板写真
医院外観

 

 

吉見歯科春日部診療所 スタッフ

春日部スタッフ写真
 

 

PAGE TOP