インプラント

安心・安全のための吉見歯科の3つの特徴

1) 画像診断専門医によるCT画像分析

Photo IMAGE

インプラントは顎の骨に歯の根っこに似た人工の根っこを植え込むため、植え込みたい場所の顎の骨の質や量が十分か不十分かの判断、診断がまず大切です。
骨が少ないところへインプラントを埋入しても、やがて抜け落ちてしまいますから。
CT画像は、インプラントを行うためには必須です。
CT画像なしにインプラント手術を行うのは、無謀といってもよいでしょう。
ただ、撮影すればよいわけではありません。
一般的な歯科医師も口腔外科医も、CT画像を見慣れているわけではありません。
画像診断を専門とする画像診断専門医に比べれば、同じ写真を見ても得られる情報料は全く違います。もし、インプラントを埋入しようとする骨の中に、枝分かれした神経が入り込んでいたら、その画像に気がつかずに手術し傷つけてしまったとしたら。
一生涯治らない神経障害になることもあるのです。
当院は、全てのインプラント症例のCT画像を、北海道大学歯科放射線科の画像診断専門医に依頼し、画像分析してもらい患者さんの安全を担保しています。
根拠のある情報を納得のいくまでご説明し、安心して患者様に手術に臨んでいただいています。
 

2) 安全な手術

Photo IMAGE

今やインプラントは、入れ歯やブリッジと同様に今やどこの歯医者さんでも行われるようになりました。その理由は一昔前と違い、規格化された手術方法が確立され、スキルの低い歯科医師でも熟練の歯科医師同様のインプラント手術が可能になっているからです。
手術用ステントとよばれる手術ガイドを使うと、ほぼ術前のシュミレーション通りに手術を行うことが可能です。
熟練の歯科医師ほど、カンに頼った処置を行いがちです。しかしそこに危険性が隠れていることもあります。規格化された手術方法を、熟練の歯科医師が行えば、極めて安全な手術が可能になるでしょう。
吉見歯科ではこれらの規格化された手術方法を採用して、安全な手術を行っています。
 

3) インプラントを長持ちさせるために

Photo IMAGE

インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病と同じように歯肉が痛み膿んでしまい、支える骨が減ってしまうことがあります。
これを、インプラント周囲炎と呼びます。
インプラント周囲炎はせっかく入れたインプラントを脱落させたり、痛みから撤去しなくてはいけなくなったりする怖い病気です。
なぜ、インプラント周囲炎になるのか?
自分の歯が歯周病にかかるのと同じようにインプラントも歯周病にかかります。
またインプラントは天然の歯よりも歯周病にかかりやすいことも分かってきました。
歯周病を熟知し、歯周病治療を専門とする歯科医師や衛生士が、徹底的な管理を行わない限り、インプラントが長持ちすることはないと考えたほうが良いでしょう。
吉見歯科では歯周病学会認定医と衛生士がチームを組んで、インプラント周囲炎の予防プログラムを実施し、インプラントを長持ちさせるように努めています。

PAGE TOP