インフルエンザ患者数過去最高


こんにちは
さいたま市見沼区 七里駅前
吉見歯科口腔外科クリニックです

 

しんしんと雪が降っています。寒い日が続きますね。
路面が凍結している可能性がありますので、皆様お気を付けください。
また、来院される患者様におかれましてもお気をつけてお越しください。
医院の前は雪かきをして整備しておりますので、
お車も駐車できますのでその点におきましてはご安心くださいませ。

 

 

インフルエンザの患者数が過去最高になっているとニュースで言っていました。
1診療所あたり52人の患者さんがいる計算になるようです。
都道府県別では1位が福岡県、2位が大分県、埼玉県は3位、
全国の患者数は270万人を超え、学級閉鎖も1万施設を突破しています。
流行はA型、B型の同時流行で香港A型も増えているようで、
手洗いやマスクなど対策をしっかりとして、予防に努めたいと思います。
また、残念ながらかかってしまった方は、安静にしてお大事になさってください。

 

お恥ずかしい話 昨年の今頃、吉見歯科グループでは
インフルエンザにかかってしまったスタッフをたくさん出してしまいました。
その反省をうけて今年は流行する時期の前にスタッフ一同話をして、
予防に取り組み今年は幸いにも皆、元気に出勤しています。
予防の大切さを実感していますが、気を抜かずに実践していきたいと思います。

 

最近当院に通院されている患者様と少しお話をする機会がありました。
まさに「予防」の話でした。
歯科では「予防歯科」と言います。
その方は、「歯医者は痛くなっていくところと思ってました」とおっしゃっていました。
今でも尚、一般の方からすると、歯医者は痛くなってから、
つまり虫歯や歯周病など病気にかかってから行くところという認識です。
「吉見歯科にきてカウンセリングや治療を受け気づくことが多い」とおっしゃっていただき、
凄く嬉しく思いました。

 

6万件を超える歯科医院や歯科医師会、
また口腔内にかかわる商品を開発、販売している大手企業様が
いろんなところで「予防歯科」の重要性を訴えているのにもかかわらず、
なかなか浸透しないことに私たち、歯科医療従事者の無力感を感じます。
しかし、草の根運動でもいいので真摯に取り組んでいきたいと思います。

 

 

風邪を引いて熱が出ると病院に行くと思います。
でも、そもそも風邪をひかないのがいいに決まってますね。私もそう思います。
その為に生活のリズムを整え、規則正しい食事から栄養を取り、
うがい手洗いなど体調管理を行っていると思います。
まさに「予防」です。
風邪はひかれてもこじらせない限り、また元の健康に戻られると思います。

 

一方、虫歯や歯周病はどうでしょうか?
一度虫歯になって削ったご自身の歯は元には一生戻りません。
歯周病に侵されて退縮した骨は元には戻りませんし、戻せたとしても手術が必要です。

 

皆さんは毎日、歯を磨いたり歯間ブラシをして、「予防」に努められていると思います。
ただ、ご自身がどれだけ気を付けていても風邪をひくように、
虫歯や歯周病も同様に毎日歯磨きをしていても病気になる可能性を持っています。
その原因は、磨き方や食事の頻度、虫歯にかかりやすい体質など人によって違います。
吉見歯科グループでは患者様の唾液を採取して検査したりして、
その人にあった「予防」をお伝えしています。
(この方法についてはまた、次回詳しくお伝えします)

 

歯や歯茎などご自身の大切な財産を失わないように「転ばぬ先の杖」ではないですが、
最低3か月に1回は歯医者に通い年に1回は口腔癌などの歯科検診を受けられることを強くお勧めいたします。
最近、歯医者に行ってない方は勇気を出して予約をしてみてください。

 

さいたま市見沼区 七里駅前
吉見歯科口腔外科クリニック

PAGE TOP