二度と虫歯にならないための歯型の重要性 ~歯科技工士の厳しい目編~


前回はアルギン酸印象材の扱い方によって、歯の詰め物が変わり、身体に及ぼす影響をお話しさせていただきました。
今回は歯科技工士さんと歯型の関係のお話をさせていただきたいと 思います。

 

 
 

吉見歯科グループ(吉見歯科・口腔外科クリニック 大宮 見沼区七里駅 浦和吉見歯科クリニック 吉見歯科春日部診療所 藤の牛島駅)では医院内に歯科技工士が常駐しております。
最近、歯医者さんでは歯科技工士が常駐していることがほとんどなくなりました。
他の歯医者さんのほとんどは提携先の技工所にお願いして外注で詰め物をお願いしています。
当院でも沢山の患者様が通院されていますので、すべてを院内の歯科技工士が製作することはできませんので、提携先にいくらかお願いをして製作していただいております。
ただし歯科医師(歯医者)と歯科技工士、それぞれにおいてプロフェッショナルな仕事をすることではじめて、患者様に精密な詰め物をご提供することができます。

 

 
 

歯科技工士の仕事は一言でいえば詰め物を作ることですが、その詰め物にも、実に沢山の種類があります。
銀歯 金歯 セラミックの歯 プラスティックの歯 入れ歯 マウスピース その他、本当にたくさんあります。それらすべてを歯科技工士さんが作っているので本当に大変な仕事だと思います。
吉見歯科グループ(吉見歯科・口腔外科クリニック 大宮 見沼区七里駅 浦和吉見歯科クリニック 吉見歯科春日部診療所 藤の牛島駅)では患者様の歯型を採った時に必ず歯科技工士の厳しいチェックを受ける決まりとなっております。

 

 
 

それは何故なのかお分かりでしょうか?理由は歯の詰め物を実際に製作するのが歯科技工士だからです。
歯科技工士が「この歯型では患者様にいい詰め物は製作できない」と判断した場合は、その場で歯型の採り直しを指示いたします。
前回、お話しさせていただいたように詰め物が精密でないと患者様にセットできなかったり、隙間や段差ができて、そこに虫歯菌が住み着き、また虫歯になる可能性があるからです。
2回3回と虫歯になりその度に歯を削って再治療をすると、どうなるかお分かりですよね。残念ながら虫歯になったりして削ってしまった歯は二度と元には戻りません。
すなわち最後には歯が無くなったり抜かないといけなくなったりします。
患者様はその度に痛い想いをされるうえ、無くなったところを入れ歯にしたり、ブリッジ※にしたり、インプラントにしたりしなければならなくなります。結果、費用もたくさん掛かることになります。(※ブリッジとは無くなった歯を作る為に両隣の歯がある場合両方の歯を削ったりして真中にダミーの歯を入れる治療方法です。)

 
 

 
 
 

そんな悲しいことにならないように吉見歯科グループ(吉見歯科・口腔外科クリニック 大宮 見沼区七里駅 浦和吉見歯科クリニック 吉見歯科春日部診療所 藤の牛島駅)では歯型を採る歯科医師、詰め物を作る歯科技工士のプロフェッショナルがリアルタイムでダブルでチェックをします。

当法人の技工部長は厳しく、妥協を許さない眼を持っています。他の歯医者さんにほとんど常駐していないのに、当法人では歯科技工士が常駐している大きな理由の一つです。妥協のない歯型と詰め物で2度と虫歯にならないように。歯科技工士編でした。

PAGE TOP