幸せになる歯列矯正


皆さんは歯列矯正と聞いてどのような印象をお持ちになられるでしょうか?
費用が高い 時間がかかる 抜歯をする 痛い
 
 
吉見歯科グループ(吉見歯科・口腔外科クリニック 大宮 見沼区七里 浦和吉見歯科クリニック 吉見歯科春日部診療所 藤の牛島)に矯正相談に来られた、あるいはセカンドオピニオンで来られた患者さんに伺うと、多くの方はそのような印象を持たれているようです。また、なんと歯列矯正を行ったことで体調を崩された患者さんの相談もまれにあります
(セカンドオピニオンとは、患者様にとって、今かかっている医療機関の医師との治療内容が最善であることを確認するために、別の医療機関などの医師に相談することです。もちろん同一医療機関の別の医師でも可能です。転院を目的としたものではなく主治医との信頼を確認する意味が大きいです。歯科医療機関においても設備や経験の違いが多少あるためセカンドオピニオンは一般的になってきています。)
 
 
 
ここで患者様に理解しておいていただきたいのは歯並びが悪いことは、虫歯や歯周病のように病気ではないということです。
虫歯や歯周病では実際に生活に支障をきたしたり、場合によっては命に直結するような、心臓病や脳梗塞などの原因になることがありますが、歯並びが悪くてそのようなことになることはあまり聞いたことはないと思います。
歯並びが悪くても見た目などの違和感はあったとしても、口の中や体の違和感はないと思います。
(歯並びにかなりのコンプレックスがあり、あまりに気にしすぎて体調が悪くなることなどは別の問題と考えます。)
 
 
 
では、歯列矯正のために歯を抜いたらどうでしょう。
お口の中は髪の毛一本が入っただけで違和感がある繊細な器官です。歯が無くなったらものすごく違和感があると思います。
 
近年、歯列矯正を検索してみると、いろいろな術式や材料が紹介されています。
●従来通りブラケットと言われる器具を歯の表面に装着するもの
●目立つのが嫌なのでブラケットが透明のものや逆にカラフルにかわいく色がついてるもの
●歯の裏側に装着して普段は全く目立たないもの
●歯の一部だけ動かして短期間で終わるもの
●マウスピースのようなを使うもの
他にもたくさんの方法が紹介されています。
 
では、どれが患者様にとって一番いいのでしょうか?当然、患者様の今の状態や現状、生活環境などで変わると思います。
当法人はそれらを踏まえて最善な方法、患者様にとって何が最適かを判断しております。
詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
吉見歯科グループ(吉見歯科・口腔外科クリニック 大宮 見沼区七里 浦和吉見歯科クリニック 吉見歯科春日部診療所 藤の牛島)では所属する歯科医師全てが歯列矯正の知識や技術の習得することが必須になっております。
それはなぜでしょうか?
当法人に歯列矯正の相談が多いことも理由の一つです。
理事長の吉見が初めて来院された方や、セカンドオピニオンで相談に来られた方の想いを、一つ一つ叶えていく中で患者様も自然と増えてまいりました。
また、顎口腔を専門とする歯科医療機関の見地から、歯列矯正は、本来的な意味での「歯科医療」のできる歯科医師が行うべきと考えているからです。
なぜなら、歯列矯正のせいで病気を悪化させたりすることもあり、悪化させたことに気づかないと大変なことになるためです。
つまり、その変化をきちんと診れる歯科医療機関で行うべきなのです。実際にそういった事例があるのは確かです。
矯正相談や歯列矯正の日を作って、外部から矯正専門医に来てもらい処置している歯科医院もあると思いますがそれも一つの方法です。
ですが当法人がそれを採用していません。その大きな理由は患者様の些細なお口の変化を歯列矯正の間も見逃さず適切に処置を行うためであり、また歯科医師全員が普段から歯列矯正の知識や技術の習得を行っていますので、あえてそのような特別な日を設ける必要もないためです。
ご相談をお申込みいただきましたらご予約の空いているところをすぐにご案内させていただきます。
 
 
 
当然 適切な費用で 短期間で 歯も抜かず 痛いおもいもしないのがいいに決まってます。
 
幸せになる歯列矯正
 
一度、考えみてはいかがでしょうか?

PAGE TOP