時代を創る 〜 小室哲哉さんの引退 〜


こんにちは
さいたま市見沼区 七里駅前
吉見歯科口腔外科クリニックです

 

90年代の音楽シーンをリードした小室哲哉さんが音楽活動から引退されるとのことですね。
また一人、時代を創ったスーパースターがその引き際を考え表舞台から姿を消される事に寂しさを感じます。
来年は安室奈美恵さんも引退を明言されてます。
 
安室奈美恵さんも、まさに小室哲哉さんのプロデュースが今日の基礎となったのではないかと個人的には思っていますので、これもなにかのご縁なのかもしれませんね。
また彼女は見沼区のおとなり、岩槻区にも昔は少し関係があると聞いています。
勝手に親密感を持ってます。(笑)
 
クリエーティブな世界に生きる方々は、常に新しい物が出てくるこの時代に生きて行くこと、本当に大変な事だと思います。
インターネットの普及で90年代よりも、凄く物事が変化するスピードは加速している現在では尚更ですね。

 

歯科医療業界においても、治療法やそれに伴うマティリアルや医療機器も日進月歩です。
 
少し前まではインプラントもなかったので、歯を失ったら入れ歯やブリッジでした。
歯列矯正もブラケット矯正のみで舌側矯正や部分矯正、インビザラインなどもありませんでした。
 
お口の中の型を取るのも今まではアルギン酸や寒天と言った海藻から出来た物や、シリコンなど歯科医師や歯科衛生士が採取するのが今の主流ですが、近いうちに特殊なカメラを使って瞬時にコンピュータに取り込む工学印象に変わりつつあります。
 

 
また、残念ながら虫歯になってしまい歯を削ってしまった所を補う詰め物も今までは歯科技工士が作っていましたが、一部は機械が制作しています。
吉見歯科グループではセレックという光学印象と自動の詰め物を作る器械を使用しています。

 

吉見歯科口腔外科クリニックでは、新しい歯科医療を患者様に提供させて頂く為に、吉見理事長をはじめスタッフ全員が、日々の情報を敏感に取集し、ミーティングなどで共有するように心がけています。
古くからの良いところを残しつつ、新しい技術と融合させることにより、安心で安全 確実な歯科医療をご提供できる事になります。
その時代時代に適応する事も歯科医療には大切な事の一つではないでしょうか。

 

また、昨年より顎関節症(TMD)や口腔顔面痛(OFP)の専門外来を全国の歯科クリニックに先駆けてさいたま市浦和区と東京都港区元赤坂にて開設いたしました。
今では、全国から「痛み」でお悩みの患者様が来院されます。
 
今年度は新しい試みの第1弾といたしまして、口腔がん検診を行います。

 
先のブログにもあげさせていただきましたが、口腔癌で無くなる方が年々増えています。
今までも口腔癌検診をされている歯科医院や病院はありましたが、今回吉見歯科グループの行う検診は長年、この分野を長年研究してこられた歯科医師による新型の医療機器を用いた検診を行います。
また、第2弾の新しい試みも現在準備しております。
時期が来ましたら、お知らせさせていただきます。

 

常に新しい情報を吸収し具現化することによって、患者様の明るい未来やQOLに貢献する。
また、時代の流れは早いですがしっかりとついていき、吉見歯科グループが日本の新しい歯科医療に貢献する。
そんな想いで今年も取り組んでまいります。

 

話は戻りますが、いつの日か、お二人の新しい形の作品が聴ける事を願っています。

 

さいたま市見沼区 七里駅前
吉見歯科口腔外科クリニック

PAGE TOP