医院案内

元赤坂吉見歯科/顎関節症・口腔顔面痛

歯が痛くても、歯に原因がないことがあります。

  歯に原因がないが、いかにも歯が痛いように感じられることがあります、そのような歯の痛みを非歯原性歯痛と呼びます。
口腔顔面痛のなかで最も頻度の高い痛みです。非歯原性歯痛の原因は痛みを感じている歯には無く、別な部分にあります。痛いところに原因がないので、正しく診断されないことが多いです。

  そして、歯にいたみを感じるので、歯の治療を受けていることが多いのですが、残念ながら歯が原因ではないので、治療しても治りません。

  口腔顔面痛にはその他にも、様々な症状があり、また、いろいろな治療を受けている患者さんが、当院、元赤坂吉見歯科クリニックに、顎関節症・口腔顔面痛を疑って来院されます、悩んでいるより、一度、受診してみてください。

  このような痛みに対する治療は、基本的に当センターでおこないますが、原因になる疾患によっては慶應義塾大学病院の専門外来(神経内科頭痛外来、ペインクリニック、脳神経外科など)へご紹介することもあります。

  また当院においても歯列矯正の受付を開始しました(2018年12月より)。
当院では本当に必要な場合(必要な場合=当グループを受診された方の平均5%未満)を除いて、原則抜歯を行わず、治療を行っております。

  詳細につきましては浦和吉見歯科サイトをご参考ください。

    浦和吉見歯科  非抜歯矯正について

 

ご予約・お問合せ

  * 不在時はいずれかの医院に転送されますが、繋がりにくい場合は下記にお電話ください

受付: 048-834-4443

元赤坂吉見歯科/顎関節症・口腔顔面痛スタッフ

担当 和嶋 浩一

慶應義塾大学医学部非常勤講師
昭和大学歯学部兼担講師
所属学会
日本口腔顔面痛学会 (指導医、専門医)
日本顎関節学会(指導医、専門医)
日本頭痛学会(指導医、専門医)
米国口腔顔面痛学会( Diplomate American Board of Orofacial Pain-19990017 )
担当 和嶋 浩一


具体的にどの様な症状なら、
顎関節症・口腔顔面痛として受診すればいいのでしょうか

あなたのお悩みの病気は、あごの痛み(顎関節症)ですか 顔や口などの痛み(口腔顔面痛)ですか。

■顎関節症 あごの具合の悪い方
■口腔顔面痛 歯や歯肉、口、顔が痛い方

口腔顔面痛 歯や歯肉、口、顔が痛い方

実際に診た患者さんが話してくれた症状です、参考にしてください。

実際の症状

    • ・歯や歯肉が痛い感じがして、鈍い痛みがずーっと続いていて、何処が痛いのか判らなくなってしまう。
 
    • ・歯や口の中の痛みが気になってお家の仕事が手につかない。
 
    • ・朝起きて暫くすると、いつもの痛みが出てくる、時々、忘れていることもあるが、ほぼ一日中続いている。
 
    • ・日中、静かにしていると、痛みが気になったり、夕方に痛みが強くなったりする。
 

現在の状況

    • ・歯が痛く、歯科や耳鼻科などを受診したが、原因がはっきりしないと言われた。でも、痛みが続いている。
 
    • ・今、痛い歯の治療を受けているが、痛みは変わらない。隣の歯も痛いような感じがする。
 
    • ・痛い歯の神経を抜いたり、抜歯をしてもらったりしたが、痛みが続いている。
 

診療科目

  • 口腔顔面痛
  • 顎関節症
  • 矯正歯科

診療時間

9:30~12:30
14:30~18:30

アクセス

〒107-0051 港区元赤坂1-1-7オリエント赤坂モートサイドビル5F 東京メトロ銀座線 / 赤坂見附駅 徒歩3分 東京メトロ有楽町線 / 永田町駅 徒歩3分    

ご予約・お問合せ

 

(不在時はいずれかの医院に転送されますが、繋がりにくい場合は下記にお電話ください) 受付: 048-834-4443

 

PAGE TOP