予防歯科

予防歯科

大人のための予防歯科 (~口元のアンチエイジング~)

Photo IMAGE

  当院には、多くの大人の方が予防歯科に通院されています。 「予防歯科は子供のためのもの」と思っていませんか? 実は大人のための予防歯科があるのです。 50歳代から60歳代で末期を迎えるといわれる歯周病。 しかし、40歳代ですでに末期の歯周病という人も珍しくありません。   歯周病が末期を迎えると、手遅れになります。 手遅れというのは、治療がお手上げで歯を抜かざるを得なくなるということです。 日本人が50代後半から急激に歯を失う原因がここにあります。 歯周病は、痛みがなく不自由もなくゆっくりと着実に進む病気です。 症状が出てからではもう遅いのです。   歯周病は自然に良くなることはありませんし、歯ブラシを一生懸命やっても治りません。 ましてやパーフェクトペリオなるおかしなうがい薬や、乳酸菌、サプリメントで良くなるはずがありません。 できるだけ早く、できるだけ初期のうちに治療を受けることをお勧めします。 まずは検診です。症状がなくても診査を受けてみてください。 そして、歯科医に尋ねてみてください。 「私の口の年齢は何歳ですか?」  

歯周病と予防歯科

Photo IMAGE

実年齢は40歳でも口の中は60歳という人もいれば、逆に60歳でも口の中は40歳という人もいます。 年齢相応でも喜んではいられません。 歯周病があるのなら治さなくてはなりません。治した上で予防です。 歯周病を予防し、いつまでも若々しい口元でいられる幸せを実感してください。 歯医者さんで「抜歯して入れ歯」と言われた後に来院して歯周病を治し、一本も歯を抜かれることなく今では何不自由なく楽しい食生活を送っておられる方がいらっしゃいます。 70歳を過ぎても全て自分の歯(28本)がそろっていて、全ての歯が健康という方もいます。 口の中をのぞいただけでは、年齢は分かりませんよ。  

予防歯科メニュー

PMTC

Photo IMAGE

日々ご家庭でどんなに歯磨きをしていても、口内にはどうしても磨きにくい箇所があります。こうした箇所には細菌がたまりやすく、集まった細菌は歯の表面に「バイオフィルム」と呼ばれる膜を張って固着してしまいます。 そこで、オススメしたいのが、専門家によって行われる歯のクリーニング【PMTC】です。 PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)では、歯の表面に付着したバイオフィルムや食べカス、コーヒーの汚れやタバコのヤニなどをシリコンゴムの器具やペーストを用いてクリーニングしていきます。 もちろん、痛みはなく、施術中に眠ってしまう方もいるほど。

PMTCの特徴

歯の白さや健康な歯肉を取り戻せる 爽快感があって気持ちがいい

エアフロー

Photo IMAGE

歯の表面にこびりついたバイオフィルム(歯垢・プラーク)は従来の歯医者さんのクリーニングPMTCでは、完全に取り除くことができません。 それが今まで歯周病予防が出来なかった理由です。ポケットの中をきれいにしようと無理に力を加えると、歯や歯ぐきを傷つける原因にもなります。 そこで威力を発揮するのがスイスEMS社製の”エアフロー”です。 これはアミノ酸の粒子をウォータースプレーで吹きつけ、歯の表面に付着したしつこいバイオフィルム(歯垢・プラーク)を吹き飛ばすという機器です。 使用後は、歯の表面がつるつるし、ステイン(汚れ)の再付着も防いでくれます。これにより、虫歯菌や歯周病菌は除去され、本質的な病気の予防が可能になりました。

エアフローの特長

歯周病や虫歯の原因菌を除去できる。 汚れもとることができる。

口臭予防

Photo IMAGE

PMTCやエアフローにより、歯の汚れやバイ菌を除去した後、さらに口臭の原因となる舌根部の舌苔を除去したり、お家でのセルフケアのご説明をいたします。 これで口臭対策はバッチリです。

PAGE TOP