大学病院にも導入されている歯科用レントゲン


こんにちは
歯科医院にはたくさんの機械があります。
 
治療する椅子、歯石をとるスケーラーなどの歯科治療用の機械。
ヨーロッパの高い基準を満たした滅菌機、歯を削る器具を専用に滅菌する機械などなど
あと、診査診断に欠かせないレントゲンなどの機械。
 
歯科用のレントゲンには種類があるのをご存知でしょうか?
一般的に歯科医院で導入されているレントゲンは4種類あります。

 
 

①パノラマレントゲン(オルソ)

患者様が初めて来院されたときに歯の全体を見るためのレントゲンです。
 

②デンタルレントゲン

小さい範囲、おおよそ2~3歯を撮影するレントゲンです。
パノラマレントゲンに比べて画像が鮮明なので、よく診たいところがあるときに使用します。

 

③歯科用CT

パノラマレントゲンやデンタルレントゲンは平面撮影なのに対し歯科用CTは3次元の撮影ができます。最近ではインプラントや親知らずの困難な抜歯にはなくてはならいレントゲンですか、非常に高価なので歯科医院でも導入されていないところが多いといわれています。

 

④セファロ

頭蓋骨全体を撮影するレントゲンです。
主に歯列矯正に使用します。

 

吉見歯科グループではすべての装置を設置しておりますが、世の中AIなどの進歩が凄いように歯科用の機械も日々進歩しています。
患者様に最高の歯科医療をご提供するためには日々の情報収集と定期的なメンテナンスが必要不可欠となります。
また時にはそうした機器の入れ替えも必要となります。
 
この度、吉見歯科では新しいレントゲンを導入いたしました。
先に記載いたしました①パノラマレントゲンの大きさで②デンタルレントゲンなみの鮮明な画像を撮影することが可能になりました。
以前よりも、低被ばくを実現しています。
 

 
大学の放射線科の専門医がうなるほどの機械です。
 
より一層、皆さまにより良い歯科医療をお届けできると思います。
宜しくお願いいたします。

PAGE TOP