客員教授就任 理事長 吉見洋志


吉見歯科・口腔外科クリニックを見沼区七里駅前に開院して以来、地域の皆様のお口の健康を通して貢献すべく、また歯科医療に携わる歯科医師(歯医者)や歯科衛生士をはじめとする歯科医療スタッフの教育に従事して参りました。
その活動は、さいたま市浦和区、春日部市牛島 東京都港区元赤坂と少しずつ広がり、北海道大学、インディアナ大学と着実に実現しつつあります。
これも皆、患者様をはじめ歯科メーカー様や歯科ディラー様、顧問の弁護士、税理士、社労士 WEB関係の方々など吉見歯科グループに携わっていただいている方々のおかげであると、感謝しております。
当然、吉見歯科グループのスタッフや家族のお陰であることは言うまでもないことです。
 

(縫合の実習風景)
 

(インプラント実習機材)
 
昨日よりセブ医科大学歯学部の学部生に吉見理事長が講義を行っておりますが、本日はインプラントなどの実習を指導したようです。
見沼区七里の小さな駅前から始まった取り組みが、今や北海道やアメリカ、フィリピンまで少しずつですが広がっています。
昨年、吉見理事長が指導されたセブ医科大学の歯学部生が今春卒業し、吉見理事長が大学に来ていると聞き、歯科医師として会いに来てくれたようです。
教壇に立つ人間としては感慨深いものがあると思います。
そしてまた、その喜びが糧となり次の世代の歯科医師(歯医者)の育成に邁進する原動力になっていくように思います。
 

(教え子とのショット)
 
この度セブ医科大学歯学部の客員教授に吉見理事長が就任いたしました。
これからも国内外、患者様の健康に貢献することと同時に、見沼区七里をはじめとする地域の皆さんとフィリピンの架け橋になれるよう取り組んでまいります。

 

PAGE TOP