歯ぎしりはどうやって予防するの ~ その2 ~


さいたま市見沼区 七里駅前

吉見歯科口腔外科クリニックです

 

先日は

①歯ぎしりの知識

②歯ぎしりは気付かないことが危険

をお話しさせていただきました。

 

今回はその続きをお話しさせていただきます。

 

③歯ぎしりの原因は現代人の悩み事

 

歯ぎしりの主な原因はストレスと言われています。

過剰なストレスを受けている方ほど歯ぎしりになる傾向が強いと言われています。

ストレス社会である現代で、ストレスを上手に発散することができずため込んでしまうと、就寝中にストレスの影響から歯ぎしりや食いしばりを引き起こしてしまいます。

またストレス以外でも歯ぎしりの原因はあります。

 

④歯ぎしりで色んな悪影響が!

歯ぎしりは日常生活を含め、様々な悪影響を起こします。

 

歯ぎしりの方によく見られる悩みの一つとして、気軽に旅行やお泊りができないことです。

歯ぎしりを友人やパートナーなどから指摘されたのをきっかけに気軽に旅行やお泊りができにくくなった方も多くわないでしょうか?

また、歯ぎしりによって自分の歯が割れたり、削れたりすることもあります。

上下にすり合わせたり、カチカチと噛む行為を就寝中に自然とやっているので、どうしても歯に負担がかかってしまいます。

知覚過敏やインプラントの失敗要因、肩こりや頭痛を引き起こす可能性もあります。

 

 

更には、極稀にお口の中の粘膜を角化させることで口腔癌になる要因でもありますし、

歯ぎしりはあごの筋肉を常に動かしているので、顎の筋肉の発達によって顔が大きく見えたりエラが張ってしまいます。

 

⑤歯ぎしりはどうやって予防するの?

このブログの最初に歯ぎしり予防の一つで有効なのはマウスピースを就寝中に装着することとお話しさせていただきました。

しかし、当院に来られる患者様の中にはマウスピースを付けたら寝れないと言う方や、そもそも無理だとかおっしゃられる方もいらっしゃいます。

また、先にお話ししましたがマウスピースを装着しても歯ぎしりや食いしばりが無くなるわけではありません。

 

吉見歯科グループには顎関節症・口腔顔面痛の専門外来があります。

その治療の中に大きくなったあごの筋肉をストレッチしたりすることがあります。

 

またもう一つの方法にボトックス治療があります。

実はこのボトックス治療は一定期間、歯ぎしりや食いしばりを緩和させることができ、歯ぎしりや食いしばりの予防に有効な方法なのです。

歯ぎしりや食いしばりでお悩みで、マウスピースが苦手な方や旅行やお泊りで気になる方は、このホームページにボトックス療法の詳細ページがございます。

一度、お読みいただき、お気軽にお問い合わせください。

 

さいたま市見沼区 七里駅前

吉見歯科口腔外科クリニック

PAGE TOP