新着情報

2017年9月新着情報

口腔顔面痛セミナーのご案内 ~ 歯科医療従事者関係者向け ~


こんにちは

さいたま市見沼区 七里駅前

吉見歯科・口腔外科クリニックです。

 

先日、テレビ東京のワールドビジネスサテライトに

吉見歯科の取り組みや

「非歯原性歯痛」について取り上げて頂いて以来、

各方面から色々と反響を頂戴しております。

このブログも久しぶりで、別の対応に追われておりました。

大変、申し訳なく思っております。

 

1ヶ月経った今でも、埼玉だけでなく全国からお問い合わせや、

ご予約を頂戴しより一層、歯科医療に邁進しております。

また、雑誌のクロワッサンの取材の号も

10月25日に決まりましたので、

また、発刊されましたらご案内したいと思います。

 

テレビや雑誌などメディアの方々だけでなく、

歯科医療に従事しておられる先生方からの

患者様のご紹介も増えておりまして、

吉見歯科グループでは

そのような患者様も喜んで

受け入れさせていただいておりますので、

よろしくお願いいたします。

 

ワールドビジネスサテライトの中で

当院の和嶋浩一医師が申し上げていたように、

この分野の診査・診断の啓蒙を学会を中心に行っています。

 

この度、「GPのための口腔顔面痛 診査・診断の基本」と題しまして、

セミナーを開催する機会を頂戴いたしました。

 

「開業医における口腔顔面痛診断の有益性」

医療法人隆聖会 吉見歯科グループの理事長/総院長 吉見洋志先生

 

「口腔顔面痛 診査・診断の基本」

元赤坂吉見歯科/顎関節症・口腔顔面痛

慶應義塾大学医学部 口腔外科学教室 非常勤講師 和嶋浩一先生

 

 

 

以上の内容で講演が開催されます。

皆様のご参加をお待ちしております。

詳しく見る

セブ医科大学歯学部生の講義 ~ 吉見理事長 ~


こんにちは
さいたま市見沼区 七里駅前
吉見歯科口腔外科クリニック スタッフです。
 
吉見理事長は客員教授を務めるセブ医科大学歯学部の学生の講義を定期的に行っています。
9月も5年生、6年生を中心に連休返上で現地に行っております。
吉見先生の講義は大学でも非常に興味深いらしく、人気のようです。
 

 
吉見先生曰く、現地の歯科医師や歯医者の卵たちは非常に優秀で日本でも活躍できるとおっしゃっています。
いつの日か国境を越えて患者様に、より良い歯科医療をご提供できる日が来ればいいのになあと思っていますし、
そのような日本とフィリピンの歯科医療の架け橋に吉見歯科グループがなれるように、邁進しております。
 

 
今回は昨年末に吉見歯科グループのセミナーをお願いいたしました、フリーランスの顎顔面口腔外科医師・岩田雅裕先生ともご一緒に講義をされていると聞いております。
(フリーランスの顎顔面口腔外科医師・岩田雅裕先生についてはこちらをご覧ください。http://www.443.jp/news/2016/12/?post_type=news
今年もまた、岩田先生には吉見歯科グループへのセミナーをお願いする予定にしておりますので、現地で御相談しているかもしれません。
 

 
吉見先生や岩田先生のように世界レベルの歯科医療を勉強できることは、歯科医療スタッフにとって素晴らしい機会です。
そのような職場に所属できることを嬉しく思いますし、感謝しております。
 
歯科医療をはじめとする医療は日々進歩しています。
その進歩を確実に情報収取し、自分のスキルUPをする。
そして、患者様に昨日より今日、今日より明日、より良い歯科医療をご提供することは当然ですし、そんな真摯な医療感をもった歯科医療機関でないと未来はないと本気で考えています。
 

 
さいたま市見沼区七里をはじめ地域の皆様に
どこにいてもグローバルスタンダードな歯科医療を提供すること、
地域の方々に困ったら吉見歯科と言われ、絶大なる信頼を得ること、
吉見歯科グループが掲げる理念の実践をこれからも続けていきたいと思います。
 

 
さいたま市見沼区 七里駅前の歯科 歯医者
吉見歯科口腔外科クリニック スタッフ

詳しく見る

雑誌 クロワッサンの取材~ 顎関節症 ~


こんにちは
さいたま市見沼区 七里駅前
吉見歯科・口腔外科クリニック スタッフです。
 
先日のテレビ東京WBSの取材に続いてクロワッサンの40台女性向けの健康・医療情報記事「40代からの体塾」のコーナーで「顎関節症」についての取材依頼があり、昨日お受けいたしました。
 

 
・40代で起こる「顎関節症(顎が痛い、口を開けると痛い)」について
・原因や症状(女性ホルモン、加齢などは影響するか?)
・なりやすい人(年齢や性別で比較した場合40代女性がなりやすいなどの特徴はあるか?)
・顎関節症の予防法
・治療法(受診科、治療法、治療費)
・病院選びのポイント
・症状が似ていて間違えやすい病気があれば、見分け方
 
などの質問があり、お応えをいたしました。
 
雑誌クロワッサンのことは、皆さん一度はご覧になったことがあると思います。
有名な全国紙です。
歯科医院や歯医者の待合室にもよく置いてある雑誌なので私たちにも馴染みがあります。
 
「顎関節症」という病気の名前はお聞きになったことがあると思います。
関節というだけあって、顎の関節の痛みと思われがちですが、実はそれだけが原因の病気ではありません。
「顎関節症」にもいろんな原因の痛みや症状があります。
その痛みの原因を診査診断し適切な処置を行うのが、吉見歯科の専門外来です。
原因が分からず、処置をすると当然、かえって悪化することもあります。
したがって顎関節症や口腔顔面痛の専門医の受診をお勧めいたします。
 
先日より、「非歯原性歯痛」や「口腔顔面痛」、「顎関節症」などまだまだ、患者様や歯科医師の間でもあまり知られていない、吉見歯科グループの取り組む「痛み」診療の事を、取り上げて頂き感謝しております。
吉見歯科グループでは一人でも多くの患者様の幸せに貢献できるためには、この分野の啓蒙・啓発が急務と考えております。
全国の「痛み」診療をされていらっしゃる歯科医師の皆さんとともに、普及に努めてまいります。
 
雑誌クロワッサンの掲載は10月の末の号の予定です。
決定いたしましたら、お知らせいたします。
 
さいたま市見沼区 七里駅前
吉見歯科・口腔外科クリニック スタッフ

詳しく見る

嬉しい来院


こんにちは
さいたま市見沼区 七里駅前
吉見歯科・口腔外科クリニック スタッフです。
 
先日、幼馴染が来院しました。
同窓会や、イベントごとでしか普段は会いません。
私が吉見歯科グループで仕事をしているのは知っていますが、口腔内の話などしたこともありませんでした。
勿論、幼馴染は普通の仕事をしていて歯科医院や歯医者とは全く無縁ですし、
都内で住んでいらっしゃるので近くの歯医者に定期的に通院してるようでした。
 
別の幼馴染は元赤坂で治療をしていて、その伝手で急に連絡があり、歯の事で吉見理事長に相談したいとのことでした。
どこかで吉見理事長の評判を聞いて受診しようと思ったようです。
先日、来院していろんな相談をして、次回から吉見歯科に通院するとのことです。
吉見歯科グループの事が気に入ってくれて嬉しかったですし、そういった幼馴染が信用して来院してくれることを、少し誇らしく思いました。
 

 
幼馴染も都内で通うのに1時間はかかります。
最近は埼玉県はもとより、県外からも沢山患者様が来られます。
長野県から矯正で月一回来られる方もいますし、大阪をはじめとした近畿圏や九州からも問い合わせやご予約を頂戴しています。
 
口腔顔面領域の歯科医療の最後の砦として、吉見歯科グループが少しずつ浸透してきたと思うと、凄く嬉しく思います。
また、そのような歯科医療スタッフと一緒に仕事ができることを誇りに思います。
これからも「真の歯科医療の実践」を合言葉に患者様の口腔内を通して明るい未来に貢献できる様に邁進いたします。
 
さいたま市見沼区 七里駅前
吉見歯科・口腔外科クリニック スタッフ

詳しく見る

歯科医師合同就職説明会 秋の陣 In東京


こんにちは
さいたま市見沼区 七里駅前
吉見歯科口腔外科クリニック スタッフです。
 
雨が多くすっきりしない日が多いこの頃、皆さん体調などは大丈夫でしょうか?
 
吉見歯科グループの各医院では、テレビ取材依頼、沢山の患者様から問い合わせや通院の申し込みが来ております。
多くの歯科医院や歯医者の中から当法人を選んでいただき感謝と同時に、身の引き締まる想いです。
自信の体調管理をしっかりと行い歯科医療に取り組んでまいります。
 
患者様の増加につれて、多くの歯科医療従事者の教育もまた必要になります。
吉見理事長や和嶋先生が毎日のように歯科医療の傍ら、歯科医師教育を行っています。
 
前回の歯科医師合同説明会 夏の陣では沢山の歯科医師の方に来ていただき、来春の研修明けの先生、2名内定を出しました。
 
吉見歯科グループではグループ全体であと1~2名追加で募集をいたします。
 
今回も前回同様、歯科医師合同説明会の主催の企業様にお誘いいただきましたので、同様にブースを設けさせていただくことになりした。
主催者様、機会を頂きありがとうございます。
 
 
 
スタッフが作ったチラシが刷り上がりましたので、掲載いたします。
良かったらご覧ください。
 
前回の表紙は吉見理事長でしたが、今回は浦和吉見歯科クリニックの院長が表紙を飾っております。

詳しく見る

PAGE TOP