新着情報

2017年10月新着情報

雑誌 クロワッサン ~ 顎関節症を疑わず歯科治療を行う事の危険性 ~


こんにちは
さいたま市見沼区 七里駅徒歩1分
吉見歯科・口腔外科クリニックです。
 
クロワッサンの10月25日発売号の【40歳からのからだ塾】に吉見歯科グループの歯科医師、和嶋浩一先生が顎関節症について、答えております。

 

 

クロワッサン【40歳からのからだ塾WEB版】

 
https://croissant-online.jp/health/58648/
 

顎関節症には4つのタイプがあり、それぞれ治療法が違います。
吉見理事長や和嶋先生曰く、それを診査診断するにはこの分野のある程度の臨床経験を有するとのことです。
 
患者様の歯科医療に直接従事する歯科医師や歯科衛生士には、患者様の関節や口腔顔面領域の些細な変化を見逃さず、何か疑いがある場合は診査・診断のできる歯科医師に報告し実際に診て頂く必要があります。
 
例えば、歯ぎしりによって関節に炎症や痛みが出ている患者様がいらっしゃるとします。
患者様のお口を拝見した際にそのような状況があったとしましょう。
クロワッサンの紙面上に書かれている様に、この場合顎をなるべく使わずに安静にする必要があります。
 
それに、気付かず長時間、大きなお口を空けて虫歯や歯周病、予防処置を行うと関節の病気は悪化する可能性があります。
楽しくお食事をするためにお口の健康を気にかけている患者様がお口が開かなくなったりすると大変ですね。
実は気付かないだけで、顎関節症の患者様は沢山いらっしゃいます。
 
吉見歯科グループは吉見理事長や和嶋先生を筆頭に口腔顔面領域の「痛み」診療に力を入れております。
気になる方はぜひ一度、相談に来られてはいかがでしょうか?
 
遠隔相談(スマホ通院)も行っておりますので、遠方の方やお時間のあまり取れない方はこちらをご利用ください。

 
http://www.443.jp/dental-services/enkaku/
 

さいたま市見沼区 七里駅前徒歩1分
吉見歯科・口腔外科クリニック

詳しく見る

あっという間の一年


こんにちは
さいたま市見沼区 七里駅前徒歩1分
吉見歯科・口腔外科クリニックです。
 
早いものでもう10月も終わりです。
今年も終わりですね。
 
世の中では情勢不安や衆議院選挙など何か落ち着かず、気候も寒くなったり暑くなったり長雨だったり。
体調を崩しやすい時期でもあります。
どうか、皆様、お体ご自愛ください。
 
吉見歯科グループで、沢山の新しい取り組みを始めたのもちょうど、去年の今頃でした。
 
はじめて吉見歯科グループに来院される患者様も昨年の倍ほどになり、より一層、真摯に歯科医療を行っております。
このブログも、しばらく休止しておりましたが地域の方に真の歯科医療とは何か、真の歯科医療の実践を理念に掲げる当法人としましては、発信することも大切な使命と想い、再開をいたしました。
 
患者様にとって歯科医師がいう事はそれが正しいかどうかなど、ほとんどわからないと思います。
歯科医師の言うままに治療をし、何の疑いもなく進めていく。
考えてみれば、凄く不安なことだと思います。
 
先日、歯科医療に関係していない友人と会話した時に、近くの歯医者行ってるけど、歯医者のいう事は聞くしかないし、治療中は何をさてれるかわからないと言っていました。
また、どこがいい歯医者なのか判断のしようがないとも言っていました。
それが、私たちがかかわる歯科医療の現場なのかと少し残念に思いました。
 
吉見歯科クリニックに来院される患者様は吉見理事長の治療を受けに来られます。
しかし、4院を毎日行くことは不可能ですし、吉見歯科グループの歯科医師はもとより国内外、歯科医師教育にも奔走しております。
 
その代りを担う歯科医師に言いにくい事や治療に不安を感じてるところを患者様の側に近い人、患者様の側に立ってお話をお聞きし、それを吉見理事長や上級歯科医師にフィードバックする。
それによって、歯科医師、患者様双方が納得した治療を行う。
吉見理事長がトリートメントコーディーナーターを養成したのはその為でもあります。
 
もちろん、治療の途中で定期的に吉見理事長の診療を入れますし、毎週初診の患者様のカンファレンスを行っています。
どこにいても科学的根拠に基づいた世界基準の歯科医療を提供させていただく為に日々成長を続けることは、患者様にとっても自分にとっても大切なことです。
 
新たに歯科衛生士が2名入職し、入職が決まった歯科医師が2名、そして来春の研修明けの歯科医師が3名、新卒の歯科衛生士が3名内定を出しております。
 
私たちにとって、想いを共有できる仲間が増えることは凄く嬉しいことですし何より、多くのスタッフが集まってくれる吉見歯科グループで患者様の健康に貢献できることは一番のやりがいです。
これからももっともっと、沢山の患者様や仲間が集まってくれる、そんな吉見歯科グループを目指して仕事に、プライベートに、充実した日々をみんなで作り上げ、取り組んでいきたいと思っています。
よろしくお願いいたします。
 
さいたま市見沼区 七里駅徒歩1分
吉見歯科・口腔外科クリニック

詳しく見る

矯正(歯列矯正)情報サイト リニューアル


こんにちは
さいたま市見沼区 七里駅徒歩1分
吉見歯科・口腔外科クリニック スタッフです。
 
吉見歯科グループに矯正の情報サイトがあるのをご存知ですか?
今まではホームページ内に矯正情報サイトのバナーが貼ってひっそりと隠れていましたが、この度リニューアルをいたしまして単独でUPしました。
 
当法人には矯正の相談や矯正中の方がほぼ毎日来院されます。
そのケースも様々です。
 
お子さんの歯並びが心配で矯正したい方
歯並びが悪くて笑う時に口元を隠す事が多く矯正を考えている方
就職活動で海外の会社を予定して、海外では歯並びも見られるので矯正したい方
ご結婚前で綺麗な笑顔の写真を撮りたいが少し歯並びが気になって矯正を考えている方
子育てがひと段落して昔から気になっていた歯並びを矯正したい方
 
などなど、相談やセカンドオピニオンで来院される方などです。
 
以前にもお伝えしましたが、歯並びが悪いことは虫歯や歯周病のように病気ではありません。
逆に歯の矯正をしたことによって体調が悪くなる場合があります。
したがって、歯の矯正をする歯科医師は口腔顔面領域のすべての治療の知識や技術を必要とします。
矯正中の口腔内の些細な変化も見逃さず、何かあった時にすぐに適切な処置ができる歯科医療機関で行うべきだと考えます。
 
当法人の矯正のメニューは
 
・ブラケット矯正
・白いブラケット矯正
・部分矯正
・舌側矯正(裏側矯正)
・マウスピース矯正(インビザライン)
 
など、その方のご希望や状況に応じて行っております。
是非、矯正情報サイトを参考になさってください。
 
さいたま市見沼区 七里駅徒歩1分
吉見歯科口腔外科クリニック スタッフ

詳しく見る

プロが使う道具


さいたま市見沼区 七里駅前
吉見歯科・口腔外科クリニック スタッフです。
 
こんにちは
だんだんと涼しくなり日も短くなってきました。
秋ですね。
食べ物もおいしい季節。運動もしやすい季節。
皆様健康に気を付けて過ごしましょう。
 
さて、見沼区七里医院の複合機が業務用に変わりました。
今までは、市販の量販店に売っている複合機を使用していました。
(複合機とはコピー、ファックス スキャナー 電話が一台で賄える器械の事です。)
 
何が良くなったかと言いますと、一言で言うならば全てです。
まず、コピーが綺麗ですし、早いですし、枚数もまとめてできます。
ファックスもまとめて送れてしかもスピーディー
カラープリントはほんとに鮮明で、患者様にお渡しする口腔内の資料が格段に見やすくなりました。
スマートフォンとも連動するのでスマートフォンの写真やデータもプリントアウトできます。
プロの道具はすごいですね。
 
スタッフの仕事効率も上がりますし、まさに業務改善の一環です。
 

 
歯科医師が使う道具も勿論、プロが使う道具です。
 
歯科ユニットと呼ばれる歯科診療台、CTやオルソ セファロ デンタルなどのレントゲンを撮影する器械は歯科医療機器メーカー様が開発に開発を重ねて今の形になりました。
歯を削る道具をエアタービンと言いますが、実際歯を削っているのはその先に付けるダイヤモンドバーという道具です。
いろいろな形状をした金属の棒の表面にその名の通りダイヤモンドがたくさん付いていて、それで硬い歯を削っています。
その種類だけでも何百種類もあります。
 
その他、抜歯をするときの道具、根っこの治療をするときの道具 口腔外科に使う道具などなど、およそ数万種類の道具があります。
その中で、歯科医師の診療にあった器具を選別し、歯科医療に最善なものをチョイスしています。
 
これからはこのブログの中で、少しずつプロが使う道具をご紹介したいと思います。

詳しく見る

PAGE TOP