新着情報

2017年12月新着情報

2017年度 吉見歯科グループ忘年会


こんにちは

さいたま市見沼区 七里駅前

吉見科・口腔外科クリニックです

 

今年も早いものでこの季節がやってきました。

町もクリスマスからお正月に向けて、忙しそうですね。

先日、2017年度の吉見科グループの忘年会を大宮の結婚式場、梟(FUKUROU)さんをおかりして開催いたしました。

この時期は忘年会シーズンでもあり会場を押さえるのに苦労しますので実は3か月前から予約してます。

 

大宮のソニックシティーからコンコースで繋がってる好立地でありながら、雰囲気も抜群。

映像や音響設備も充実していて、スタッフさんのおもてなしも最高でした。

ありがとうございました。

 

 

例年、吉見科グループの忘年会の幹事は今年入社の1年生が務めてくれます。

前年度の幹事の先輩にオブザーバーになってもらいアドバイスを受け内容や進行、それに付随する準備物やスライド、ご来賓の方のリストUPから案内状の送付など多岐にわたりますがチームワークよく頑張ってくれました。

普段は各医院で科医療に携わっていますので、連絡やミーティングが大変だったと思います。

そんな忙しい中、幹事のみんなに本当に感謝しています。

ありがとうございます。

また、医院の枠を超えて連携してくれるところも、手前みそながら吉見科グループのいいところだなと感じました。

ご来賓の方々からもアットホームで素敵な会だったと喜んでいただき、とても嬉しかったです。

 

 

今年一年、いろいろなことがありました。

春先の元赤坂吉見科・顎関節症/口腔顔面痛センターの開設に年頭から取り組み和嶋浩一先生の専門外来を立ち上げました。

ワールドビジネスサテライトやダイヤモンドon-line、クロワッサンなどその取組を数多くのメディアに取り上げて頂き、今では全国各地から「痛み」で悩んでいる患者様から相談やご予約のお問い合わせがあります。

 

吉見理事長は通年にわたり日々の科医療や世界各地の科医師教育やご自身の研修に飛び回り、近年中に海外の現役科医師が吉見科グループで日本の科医療を学ぶことができる仕組みづくりをされています。

挙げるときりが無くなりますので、このくらいにさせて頂きますが患者様の為、スタッフ仲間の為、自分の成長の為一人一人が走ってきた1年でした。

 

また、来年の4月からは新人の科医師3名、科衛生士3~4名が入社します。既卒の科医師も2名入社します。

今まさに、この新人のための既存教育カリキュラムの再整備を吉見理事長を中心にミーティングを重ねている最中です。

 

さらには、まだ詳細は公開できませんが新しい専門外来をその分野の日本の権威でいらっしゃる科医師と準備をしております。

整いましたらご案内差し上げますので、しばらくお待ちください。

 

私たち吉見科グループの考えはその理念にもあるように、科学的根拠に基付き真の科医療を患者様の明るい未来のために提供する。それがどこにいてもどの地域でも世界基準でありその結果「困ったら吉見科」と言ってもらえるように日々貢献することにあります。

とはいえ、当院もまだ、道半ばにいます。

患者様からよくいろんなご意見を頂いてます。

ありがたい話ですが、その殆どがいろいろアイディアを頂きます。

「もう少しイベントとかキャンペーンとかしないの?」

「子供向けのことなんかやってくれない?」

など。

新規の患者様やご予約の取りにくい状況でご迷惑をおかけしているために、なかなか実現には至っておりませんが来年はどこかでできたらいいなと思っております。

 

 

これからも患者様とともに日々成長し続け、昨日より今日 今日より明日と最善の科医療をご提供させていただきます。

ありがとうございます。

 

さいたま市見沼区 七里駅前

吉見科・口腔外科クリニック

詳しく見る

岩田雅裕先生のご講演


こんにちは

さいたま市見沼区 七里駅前

吉見歯科・口腔外科クリニックです。

 

今年もあとわずかとなりました。

吉見歯科グループも七里 浦和 春日部 全医院12月29日の午前中までの診療となっております。

 

皆様にはご迷惑おかけしますがご了承下さい。

また、緊急の場合、診療日には出来るだけ対応させていただきますので各医院の受付までお問い合わせ下さりますようお願いいたします。

 

12月23日(土)に今年最後の勉強会で吉見理事長と岩田雅裕先生にご講演いただきました。

日本国内はもとより、世界中で歯科医師教育やボランティア活動をなさっている両先生から世界から見た日本の歯科医療についてのお話をたくさん頂戴いたしました。

 

岩田雅裕先生につきましては、このブログで何度もご紹介させていただきましたので言うまでもないかと思いますが沢山のメディアで取り上げられていらっしゃる有名な口腔外科医です。

また、奥さまの宏美夫人は一般社団法人ウィズアウトボーダーの理事長をなさっており、岩田雅裕先生の海外での活動を支援されています。

そんな、お二人を昨年に引き継いて吉見歯科グループにお招きできたことを光栄に思いますし、開催して頂いた吉見理事長に感謝いたします。

 

一般社団法人ウィズアウトボーダー(http://withoutborder.jp/

 

日本での医療や歯科医療において当たり前であることは、世界では当たり前ではない!

救急車でさえお金がなければ乗せてくれないのが現状の国があり、我が国はなんと恵まれているのか。 

また、自分の日本人のイメージ。「優しい」とか「人情味がある」とか。

現実は他の国の方がそんな人たちが多い。

日本人はなんて「薄情」になったんだろう。

身につまされる想いです。

デパートの前で疼くまる人に声すらかけずに通り過ぎる日本人。

病気を見落としたのに認めない医者。

何か日本人であることに恥ずかしさすら思いました。

でも、私たちはこの国で生きている以上、日本代表です。

自分たちだけでも自分の持つ日本人のイメージになって行きたい。

年の瀬に来年の大きな目標を頂いたような気持ちです。

ありがとうございました。

 

 

口腔癌の話もありました。

歯科医院や歯医者は年々増えています。

予防歯科の普及により歯医者に定期的に通う人も増えています。

しかし、口腔癌で亡くなる方も年々増えています。

この矛盾。 

診る歯科医師も見せる機会も増えているのに、全く良くなるどころか悪化している。

ハッキリ言うと、歯医者のレベルを疑いたくなります。

これが日本の歯科医療の現状だとすると何を信じていいかわからなくなります。

癌は早期発見で治癒することもあり、またその後のQOLの維持もできる可能性があります。

したがって、早期発見・早期処置が肝心なは言うまでもありません。

しかも、口腔癌は体の内部の癌ではないので歯科医師や歯科衛生士が直視できます。

でも減らない。 

歯科医療機関の在り方が問われています。

岩田先生がボランティアで行かれる国には歯科医師は殆どいないとこともあります。

したがって、行ったときには相当悪化しており大変なことが多いとのことでした。

だから、吉見理事長や岩田先生は海外の歯科医師教育に力を入れてらっしゃいます。

そのことで少しでも助かる命を助けることができるからです。

 

 

株式会社YMCでは数多くの勉強会やご講演を主宰します。

それは、しっかりと診査・診断・処置のできる歯科医師や歯科衛生士を育て、口腔癌などで亡くなる患者さんを救う為でもあります。

日本の歯科医療の為、見沼区七里、浦和、春日部をはじめ埼玉の皆様の為、「困ったら吉見歯科」と信頼頂ける歯科医療機関に磨きをかけていきたいと思います。

また、吉見グループのスタッフだけでなく外部の開業医の先生、スタッフも参加されています。

近隣の医療機関、歯科医療機関とも協力して、地域の皆様に貢献できればと思っております。

ご興味がございましたら、歓迎いたします。

 

最後になりますが、年の瀬に何かと忙しくなります。

くれぐれもお体などお気を付けください。

 

さいたま市見沼区 七里駅前

吉見歯科・口腔外科クリニック

詳しく見る

年末年始のご案内


こんにちは

さいたま市見沼区 七里駅前

吉見歯科・口腔外科クリニックです。

 

今年もあと半月を残すところになりました。

吉見歯科グループでは下記の日程で年末年始のお休みを頂戴いたします。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

 

冬期休暇


 

12月29日金曜日の13:00~1月4日木曜日まで


 

1月5日金曜日より通常診療を行います。

 

よろしくお願いいたします。

詳しく見る

今年最後のセブ医科大学での講義


こんにちは

さいたま市見沼区 七里駅前

吉見歯科口腔外科クリニックです。

 

セブ医科大学の臨床教授である吉見理事長は、定期的に大学で講義を行います。

今回は今年最後の講義でした。

 

 

クリスマスも近づいて学内のホールもクリスマス仕様の飾り付けになっており、いつもより明るく、心躍るような感じがしました。

この時期になると、師走という事もあり忙しくも感じますが同時に、いろんなイベントがあって楽しいことも沢山ありますね。

 

 

今回も5回生、6回生向けに講義を行ったようです。

日本では禁止されていますが、セブの学生さんは5回生や6回生になるとボランティアで限られた医療行為が認められるとのことです。

当然、その分、日本の学生さんたちより歯科医療のスキルを早くから習得できることになります。

貧困層の方も多く、歯科医療を受診することができない歯科疾患をお持ちの方が多いのでボランティアでの医療行為は学生にとっても患者さんにとってもありがたいというお国事情があるという事です。

 

そんなことを聞くと、国民皆保険がありほとんどの方が歯科医療を受診できる日本は恵まれている?かもしれません。

しかし、歯周病や虫歯が他の先進国より多い実態は事実です。

歯科医療に携わる人間の1人として、反省すべき点も多々あると思います。

 

そういう意味においても、国内外を問わず歯科医師教育の重要性を吉見理事長は常に言いますし、また行っております。

今回も沢山の学生さんに囲まれ、真剣に楽しく講義や実習を行いました。

 

 

来年にはセブ医科大学の日本事務局も吉見理事長をはじめ教授陣を中心に開設が予定されているようです。(未定)

4月からは当法人に3名の臨床研修明けの新人先生も入局されます!。

患者様の健康に明るい未来に貢献できる優秀な歯科医師をたくさん排出できるように取り組んでいこうと思います。

 

 

さいたま市見沼区 七里駅前

吉見歯科口腔外科クリニック

詳しく見る

PAGE TOP