顎関節症について

顎関節症について

顎関節症 あごの具合の悪い方

顎関節症かなと思ったら自己チェックしてみてください。

顎関節症の自己チェック

まったく自覚症状がないという人でも顎関節症がひそんでいる可能性があります。いったんおこってしまうと長引かせて治りにくくする要因でもあります。自己チェックしてみましょう。

顎関節症の自己チェック (いくつか該当する人は顎関節症の可能性ありです)

☑  食べ物を噛んだり、長い間しゃべったりすると、あごがだるく疲れる

 

☑  あごを動かすと痛みがあり、口を開閉すると、とくに痛みを感じる

 

☑  耳の前やこめかみ、頬に痛みを感じる

 

☑  大きなあくびや、りんごの丸かじりができない

 

☑  ときどき、あごがひっかかったようになり、動かなくなることがある

 

☑  人さし指、中指、くすり指の三本を縦にそろえて、口に入れることができない

 

☑  口を開閉したとき、耳の前の辺りで音がする

 

☑  最近、あごや頸部、頭などを打ったことがある

 

☑  最近、かみ合わせが変わったと感じる

 

☑  頭痛や肩こりがよくする

顎関節症の治療は一般歯科でも行われていますし、専門医もいます。それでも、現在治療を受けているが治らないという患者さんが当院に紹介されて来ます。そのような患者さんが話してくれた症状や治療状況です。参考にしてください。

現在の状況

    • ・マウスピースを入れているが、痛みが消えない、口が開かない
    • ・かみ合わせの調整を受けているが、痛みが消えない、口が開かない
    • ・かみ合わせを全部直したが、痛みが消えない、口が開かない
    • ・治療で一時治ったが、また、症状が出ている
    • ・治療しても直らず、手術した方が良いと言われた

顎関節症は顎関節、咀嚼筋やかみ合わせの不具合だけでなく、様々な症状が出ます。それは顎関節症の原因が単純にかみ合わせの異常、歯ぎしり、くいしばりだけでなく、Bio(身体)-Psycho(心理、精神)-Social(社会、環境)な要因が影響する病気だからです。従って、かみ合わせを直しただけ、歯ぎしり、くいしばり対策をしただけではちゃんと治りません。Bio(身体)-Psycho(心理、精神)-Social(社会、環境)全てに対応する必要があります。
当院では、最初にじっくりと話を聞いて問題点を明らかにし、そのもとになっている原因、病態を包括的な診査で探し出すことからはじめます。治療で最も大事な事は患者さんが自分の病気を知ることです。そして、その改善の為に患者さん自身でセルフケアをすることが必要です、患者さんが納得し、上手くできるまで指導します。生活習慣や環境を少し変える必要が出てくることもあります。もちろん、必要に応じて、鎮痛薬の処方、スプリント作成なども行います。
治療の実施にあたっては、世界標準の知識、技術に基づいて、しっかり時間をかけて行う必要があります。治る治療を、完全予約制、自費診療で行っています。

治療は、基本的に当センターでおこないますが、画像診断、原因になる疾患によっては慶應義塾大学病院の専門外来(神経内科頭痛外来、ペインクリニック、脳神経外科など)へご紹介することもあります。

ご予約・お問合せ

 
* 不在時はいずれかの医院に転送されますが、繋がりにくい場合は下記にお電話ください

受付: 048-834-4443

顎関節症に関してよくある質問

顎関節症はかみ合わせが悪い事が原因ですか
顎関節症の原因に関して、以前はかみ合わせの異常が主な原因といわれていましたが、現在は大きく変わっています。現在、顎関節症の原因は多因子性で、あくまでも多くの原因の一つとして、かみ合わせの異常があると考えられています。主な原因はくいしばり、歯ぎしりなど顎に余計な力をかける動作であると言われています。従って、顎関節症の治療では最初にかみ合わせの治療をすることはありません。

 

矯正でかみ合わせを治すと顎関節症が治りますか?
歯を削り、かぶせたりしてかみ合わせを治すと顎関節症が治りますか?
TMDの治療には手術が必要ですか、手術をすると治りますか?
この三つの質問に対してはまとめて答えさせていただきます。
現在、顎関節症の治療に関して、現時点における最も標準の見解は、2010 年 3 月米国歯科研究学会(American Academy of Dental Research,AADR)が出した「顎関節症の診断と治療に関する基本声明(Policy Statement)」です。ここに書かれている内容を抜粋して簡単に説明します。
1.TMD は時間経過とともに改善し,治癒していく疾患である
2.TMD 患者の治療の第一選択は,保存的で可逆的かつ証拠に基づく治療法が強く薦められる.
3.保存的療法の多くがほとんどの侵襲的な治療法と少なくとも同程度に症状の改善をもたらす。
4.保存的療法は不可逆的な変化を起こさないため,害をもたらすリスクは格段に少ない.
保存的とは手術とか歯を削るとかの侵襲的ではない、歯を削るとか矯正とかとは異なる可逆的治療のことです。例えばセルフケア、スプリント、理学療法、薬の治療とかを指します。これらの治療によって侵襲的な治療と同等の効果があり、なおかつ、害が生じません。これらの事から当院では顎関節症治療の為には矯正治療や歯を削ったり、かぶせたりする、いわゆる咬合治療は行いません。顎関節症のほとんどは手術をしなくても治ります。手術が必要な例は特殊な例です。

 

スプリントは顎関節症に有効ですか
顎関節症治療というとスプリントが有効と言われますが、スプリントはオールマイティーではありません。歯ぎしりが原因で関節痛が生じている場合には歯ぎしり対策の調整を施したスプリントは有効です。しかし、作ったままのスプリントでは効果は得られません。きちんと調整が必要です。顎関節症があっても、睡眠障害がある場合にはスプリントを入れると睡眠がもっと悪くなり症状が増悪する事が多いので、スプリントは使えません。従って、一概にスプリントが顎関節症に有効であるとは言えません。当院では、睡眠障害を含めて症状、原因をしっかり診査して、スプリント治療を行うかどうかを決めます。

 

固いものを咬んでアゴを鍛えると顎関節症が予防出来ますか
顎関節症の主な原因はくいしばり、歯ぎしりなど顎に余計な力をかける動作であると言われ、治療では負担を減らすことを指導します。顎関節症の患者さんは顎が華奢な人よりも、筋肉が大きく顎が張っている人が多いです。また、顎関節症のきっかけは美味しいフランスパンを食べ過ぎたとか、スルメを咬みすぎたとか、負担が掛かることが多いです。従って、固いものを咬んであごを鍛えるというのは、顎関節症の予防になるのではなく、逆に作用して原因になることがあります。また、ガムをかみすぎるのも同様なことで顎関節症の原因になることがあります。是非お止めください。

 

子供が歯ぎしりします、歯がすり減りそうです、何か治療した方が良いでしょうか
歯ぎしりが顎関節症の主な原因の一つであると、他の項で書きましたから、子供さんの歯ぎしりがもっと気になる人がいると思います。結論から言うと、子供の歯ぎしりは心配入りません。乳歯の頃の歯ぎしりはギリギリする事によって、刺激が歯を介して顎の骨に伝わり、顎が大きくなろうとする潜在能力を刺激して、顎の骨の成長発達を促しています。乳歯が永久歯に生え換わる頃にはかなりすり減り、前歯では上下の歯が揃うくらいになっています。
心配いりませんし、スプリントを入れるなどの治療の必要もありません。

チェックの結果やQ&Aで、何か気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

アクセス

〒107-0051
港区元赤坂1-1-7オリエント赤坂モートサイドビル5F

東京メトロ銀座線 / 赤坂見附駅 徒歩3分
東京メトロ有楽町線 / 永田町駅 徒歩3分

ご予約・お問合せ

受付: 03-3478-5248

 
(不在時はいずれかの医院に転送されますが、繋がりにくい場合は下記にお電話ください)
 

受付: 048-834-4443

 


PAGE TOP